1. HOME
  2. ブログ
  3. その他
  4. 北野が無人島に連れていく動物

BLOG

ブログ

その他

北野が無人島に連れていく動物

こんにちは、昔猫を飼っていたのですが、ある日からくしゃみとアトピーが発生して猫アレルギーが発覚した北野です。花粉やダニ、ハウスダウトなどいくつかアレルギーを持っている私ですが猫アレルギーだと知った時はショックでした。まだ猫アレルギーであることは認めていないので、上司の家(猫在宅)にお邪魔したときにくしゃみが止まらなかったのはハウスダストのせいだと思っています。

さて、つい最近新卒の1人が昔書いた記事を見せてくれました。そのタイトルは「無人島に連れていく動物」。内容も非常に面白く、それについて話していると「北野の考えも見たい」とのことだったのでブログを書くことにしました。

ではさっそく、北野なりの考察を書いていこうと思います。動物に対する偏見やイメージで適当に書いていくので、気分を害するような表現があったらすみません。

1.猫


まずは冒頭でもお話した猫について考察していきます。どちらかというと戦闘力はあまりないと思うので、無人島に来てしまったという絶望のストレスを解消するほうに期待したいと思います。無人島初日、猫を連れていったらどうなるのか。妄想してみます…..。

北野
北野

逃げられた

結論、「いや、逃げるやろ」と。猫を飼っていたことがないので、自分に懐いているイメージがもてません。その辺の町でたまに見る猫は近づくことすら困難で、猫が走り出すと北野の足では追いつけるはずがありません。

すぐ逃げる猫は連れていっても意味がないので「なし」だと思います。

2.犬


次は犬です。小学生の頃は雑種で名前は「モカ」という犬と暮らしていました。本当にかわいいやつで、散歩につれていくとすれ違うおばちゃんに「かわいい狐だねぇ」と言われたことがあります。しかも狭い町内を一周していたので同じおばちゃんに2回も狐と間違われました。昔は狐に首輪をして散歩している人も多かったのでしょうか。せっかくなのでモカを連れていった妄想をしてみます…..。

北野
北野

悲しくて妄想どころではない

モカは非常に長生きでした。モカが旅立ったときは実家を出ていたので長らく会っていないときに突然いなくなってしまいました。当時を思い出すと後悔が募ってしまい、妄想したくありませんでした。今回は犬は「なし」にしようと思います。

3.ゴリラ


次はゴリラです。この話を振ってくれた方の記事にもゴリラはピックアップされていました。そもそも人生でゴリラを生で見たことはありませんが、イメージだけは完璧にできる自信があります。ゴリラを連れていくとどうなるのか、戦闘力は半端ないので期待大です…..。

北野
北野

シンプルに怖い

100歩譲って懐いてくれていたとします。北野が冗談を言ったときに笑いながら背中を叩いてきそうなのですが、その威力で背骨が折れました。握力測定不能なんて記録がある動物が横にいると夜も眠れなさそうです。あと私の100倍くらいバナナを食べそうなので、バナナが足りなくなったら暴れそうで怖いので「なし」にしときます。

4.チンパンジー


次はチンパンジー。非常にバランスのよさそうな候補です。食べるバナナも北野より少し多いくらいでしょう。戦闘力もそこそこありそうですが、物分かりもよさそうなので怒ってもなんとかなりそうな気がします。高いところにあるバナナも取ってきてくれそうなので、食糧難にも対応できそうです…..。

北野
北野

俺はそんなにバナナ好きじゃない

バナナばっかり持ってきそうで嫌ですね。嫌いではないのですが、バナナは2か月に1本くらいのペースで十分です。あとはチンパンジーのことを考えているとどうしても弊社役員の顔がちらついてしまい、無人島に行っても仕事の心配をしてしまいそうです。何故ちらつくのかは分かりません。

5.役員


せっかく顔がちらついたので連れていってみました。戦闘力は皆無ですが、長く生きてきた年の功と髪形が武器の代わりになりそうなくらい尖っているので、そういった面で期待しています。早速無人島に連れていきます…..。

北野
北野

野生にかえってしまった

最初は黄金伝説のようなイメージで無人島に着陸したのですが、3日目で船が来て北野は帰ることにしました。役員は「オレハ ココニ ノコル」というので置いていくことにしました。島の動物たちと一緒に見送ってくれて感動のラストシーンです。これしかない、北野が連れていくのは「役員」です。

最後に

こういった妄想は昔からよくしていましたが、久々に考えてみるとけっこう楽しかったです。今回妄想に協力していただいた動物の皆様、ありがとうございました。勝手に無人島に連れていってごめんなさい。

こんなことを考えているとおなかがすいてきて、「今日の晩御飯はなにかなぁ」なんて考えてしまいました。今後は身の回りにある文明の利器に感謝を忘れずに生きていこうと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
最後に妄想に協力してくれた役員とパシャリ。

※なお、本ブログは役員(本人)の了承を得て投稿しています。

+7
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事